あがり症を克服させるには?TOP > あがり症の知識 > あがり症に効果的な漢方薬とは?

漢方薬って効果ある?

あがり症の方は、人前でのスピーチは、緊張してしまい、結局なにを喋っているのかわからなくなることがあります。

酷い人になると、緊張のあまり、ついどもりが出てしまうこともあるでしょう。

これが仕事となれば、その人の評価は下がってしまいます。

では、あがり症を克服させるにはどうすればいいのか?

いくつか方法はありますが、今回は、漢方薬に注目してみました。

どんな漢方薬ならあがり症に効果があるのかこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。


漢方薬には・・・

あがり症の症状を和らげると言う意味では、漢方薬を試してみるのも一つの方法になります。

実際に漢方薬の服用を続けたことで、症状が良くなった人が多いようですからね。

なので、普段から緊張や不安を強く感じたり、あがり症の症状が酷いような方は、漢方薬で心を落ち着かせてみてはいかがでしょうか?

では、一体どんな漢方薬が効果的なのか?

有名な漢方薬は以下の2つがあります。

・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

・柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)


この2つです。

柴胡加竜骨牡蛎湯や柴胡桂枝乾姜湯を服用することで、あがり症の症状を抑えることが出来ると言われています。

ちなみに柴胡加竜骨牡蛎湯の方がより効果が強いとされていて、うつ病の治療でも処方されています。

それと漢方薬の良いところとしては、副作用が少ないのがメリットになるわけですが、必ず、用法用量は守ってください。

誤って多く飲んでしまうと何かしらの副作用が現れる可能性も考えられるので、十分に気をつけてくださいね。

あと漢方薬の入手先ですが、ドラッグストアでも売られているものでも構いませんが、できれば、漢方を専門に取り扱っているお店で相談してから購入するのがいいと思います。